読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

operation skold

確定した過去を変えずに、結果を変えろ

車の安全装備について

今日は独り言です。

自分は車の業界で働いているが、本当に高齢者の事故は多くなっている。

ニュースで見ていても、日々取り上げられているが、ニュースに乗らない事故は本当に多い。

今日だってアクセルとブレーキの踏み間違えによる事故があって、自宅の壁に後ろから突進し車と家の損害が大きかった。幸い人には怪我等はなかったようだが、もし。。とか想像するだけでも本当に怖いと思う。

本当なら高齢者に運転させないようにすればいいが、実際には車がないと色々な障害がでる人達が多いと思う。

最近の車であれば、安全装備が沢山付いていて100%防げるかというと微妙な所だと思うが、かなりの確率で減るはずだ。

うちの親父も去年、車を廃車にしており相手も本人も怪我が無かったのが幸いだった。

原因は、居眠りによるセンターラインのはみ出しで対向車とぶつかってしまったというもの。

車線逸脱警報装置があれば、もしかしたら防げた事故かも知れなかった。

今日の事故だって、最新の車だったら防げたと思う。ニュースで見ている事故だって防げたと思う事故が多いはず。

自爆して車とか物損なら笑える場合もあるが、対人なんかを起こしてしまうと本当に笑えない。

恐らくこの先、安全予防装備なんかは義務化されるだろう。

自分も車でサーキットとか走っていたので、車の運転の楽しさは十分にわかるが、悲惨な事故を起こして加害者になる方のリスクは計り知れない。

なので事故が起きにくい車作りの徹底をメーカーには急務でやってもらいたい。

あとは、国の法律作りだと思う。

サーキットを走るような車は、GPSによるサーキットなどの所では、安全予防装備のカットや設定が出来るようにして欲しい。

今日はなんかそういう事を色々考えさせられた日だった。本当に事故は悲惨だし、小さな事故でも後の処理とか面倒だし、いい事は1つも無いと思う。誰だって好きで事故している人は、いないはずなので、この世から事故が無くなる日がくればいいと思う。メーカーや国の法律なんかの問題は山積みだと思うが、早急に対応してもらいたいと思う。