operation skold

確定した過去を変えずに、結果を変えろ

年始 初釣行

f:id:mana99natuki:20180104225211j:image

あけましておめでとうとございます!

今年もそこそこ更新していきたいと思います。

早速ですが、小貝川と利根川に行ってきました。祖母の葬儀の日程が空いているのと、朝一から早起きできたので朝一だけ行ってきました。

結果は2日ともダメでしたが、2つの川とも減水いており、普段入れないポイントまで行ってみる事が出来て、収穫は多いと思います。

f:id:mana99natuki:20180104225548j:image

f:id:mana99natuki:20180104225615j:image

普段は、そこそこの水量だとサンドバーは埋まっておりシャローエリアになっている事がわかりました。

秋に釣れたポイントが、この奥のサンドバーの先端ぐらいという事から、たまたまバスが、シャローに刺してきて釣れた事なのか、この先が若干の変化があり少しのブレイクになっているので、そこに付いていたのではないのかと思います。

なので、利根川のスモールは若干の地形変化についている事が考えられます。また、サンドバーの先端から左手の本流の合流がある所から魚が回遊するポイントとかとも考えられます。

さらに、下流の方も色々見て回る事が出来ました。こちらも、本流の合流地点はもう少し水温が上がれば良さそうなポイントもわかってきました。ただ、こちらは水量が平均の時などは、かなり遠投が必要そうなので、厳しそうでした。

朝一は、ガイドやPEラインが凍ってしまいかなり釣りづらい状況でしたが、釣れたらラッキーぐらいで地形の把握をメインにやっていました。

小貝川も結構減水してクリアだったので、普段見えない沖のテトラなども見れたので、収穫は多かったと思います。

こういう地形の把握もなかなか楽しいです。

ただ、所々サンドバーがいつもより盛り上がっている所などもある事から、水量や期間によってもサンドバーの変化も多いと感じます。なので、利根川の場合回遊待ちになる可能性が非常に多いと感じました。居着きのバスは少ないのかもしれません。

帰りに少しメジャーの所に寄って見ましたが、最近はボートの方も多くなってきたので、釣果が気になります。少し話てみたところ、先月の頭あたりは自分が思っていた所で釣果が出ていた様なので、少し安心出来ました。もう少し気温が上がってきたら朝からの釣行を増やしいきたいと思います。

こちらも、若干サンドバーが盛り上がっていました。

帰りの時は、ちょうど風が出てきたのでボートの人大丈夫だったかな?利根川はかなり浅い所が多いのでボートは結構慣れていないと危ない感じがしますね。

何度か見ている人は、慣れている様ですが、初めて来る人は気をつけてください。

 

 

年末

しばらくブログを放置してた訳だけど、色々な事があって更新する時間と気力がなかったです。

某メーカーの研修で始まり、研修前の課題も仕上がるのもギリギリで、研修前日は忘年会。

集荷場所に10時に集合だったので、始発で行って、少し余裕があるぐらいだったが、途中で何かあって遅刻するのは厳禁だったので、始発しかなかった。

その後、研修センターがある建物というか山一つに入ると山からは、外出不可になるという軟禁状態だった。トータル5日間、ほぼ外出出来なかった。まぁ外出出来ても周りにはなにもないので、つまらないけど。

研修が始まると全国から色々な人が来ていて、北は岩手から南は沖縄までの人が集まって研修スタート。研修の内容は様々だったけど、う〜ん為になった様なならなかった様な。微妙な研修でした。

楽しかったのは、夜の宴会でほぼ毎日酒飲んでました。おかけで、色々な情報とか聞いたり、意見の交換が出来て楽しかった。お互い、立場が同じ人が多かったので、やっぱり色々苦労していた。

やっと5日間の研修が終わって、そのまま帰宅。

その後、数日休みがあったけど、連日の飲みでほとんど寝てました。

休み明けは、トラブル続きで精神的にやられてしまい、年末に。

友人がYZ450 のモタードを買ってきたので、タイヤ交換とか色々やっていた。

元々モタードスリック履いてたらしいが、付いていたタイヤはツーリングタイヤで、チューブレス加工はされているだろうと思ってディアブロ履かせようとしたら、、チューブが入ってました。。エアバルブもないし、機材もないのでとりあえずチューブ入れたディアブロにしてみた。まぁ、2日の日に桶川で軽く遊ばればいいとの事なので、様子見て走ってもらうしかないかな。

その後は、友人とか後輩と霞に釣り納めに行ったら、釣れなくて友人1人だけ釣れたという結果でした。自分は、ナマズがかかったけど、かなりデカくてフックが伸びて手前て外れてしまった。

冬の釣りは厳しそうだ。ただ、釣れた魚は結構コンディションも良くて餌は食っている様だった。タイミング次第では、釣れそうだ。

そのまま、帰ってきて寝不足だったので、ちょっと仮眠しようとウトウトしてたら電話が。

前から調子の悪かった祖母が、ヤバいらしいとの事で急遽病院に。

でも、間に合わなかった。家族のみんなも間に合わなかった。最後ぐらいは、家族みんなととはいわず、誰か1人ぐらいはみとってあげたかった。

 年末なのと年始もあるので、葬儀の段取りとか親戚に連絡とか色々大変だった。

そんな感じでとうとう大晦日。

今年は、釣りに関してはそこそこ釣れた感じはあるけど、バラしが多かった。それに念願の50アップも釣る事が出来なかった。

来年は、スモールとラージ両方で50アップを目指したいと思う。

また、バイクはオフロードもやりたいし、草レースでいいのでレースも出てみたいと思う。筑波のライセンスも更新だけして、ほぼ行ってなかったので、スポーツ走行から始めたいと思います。

そんな感じで、今年も終わりそうだが、恒例の笑ってはいけないを家族で見るという平和な大晦日を送っています。

皆さん今年は、あまり更新出来ませんでしたが、来年はそこそこ更新していきたいと思います。良いお年を!

 

 

PEスピニングの可能性

最近、ブログの更新も滞りまくっている。ネタが無い訳では無く、中々書く時間が取れないという所。年もそれなりにとってしまったのもあるが、体調を崩しやすくなってしまった。

風邪を引きやすい体質では無かったけども、最近は咳から始まり風邪になりやすいみたいで、今も風邪をひいてしまっている。何か他に原因があるのかも知れない。

f:id:mana99natuki:20171114203841j:image

(場所はあまりわからない様な写真にしてます。)

さて、最近釣りは行ってはいるけど、釣果に結びつかない。というのも、新規開拓しており、近くの大河を攻略すべく色々場所をさぐったり、調べている。また、台風の影響もあってかなりの増水や地形の変化や魚の場所も変わったようだ。前に行った所で結構バイトも拾えた場所も最近ではパッタリと無くなってしまった。色々探っていくのも楽しいけど、答えがなさ過ぎるのも辛い。

最近は、PEのスピニングにハマっていて一つのタックルで色々やっている。

スモラバやネコリグ、巻物までやっている。

やはり汎用性が高いので、それなりには使えるけど、使いづらい所が多い。

ただ、飛距離の面はとんでもなくベイトで頑張って出していた飛距離は余裕で超えていける。さらに、軽いものから比較的重量のあるものまで。

今通っている場所は、あまりピンポイントのキャストは必要ないし、ある程度の距離からのドリフトでやっていくので、飛距離は出ていた方がいい。また、範囲も広く探れる。

上手い人は、硬いMHのスピニングでも細かい操作は出来るようだけど、自分にはまだまだだと思う。

今のタックルは、ダイワのクロノスのMHロッドとダイワのフリームスの組み合わせ。この組み合わせだと、本当にバーサタイルで色々出来るんだけど、細かい操作がやりづらいし、何より重い。長時間の釣りには向かない。あと、長いのでフリップキャストはやりづらいかな。ロッドもしならないし。

欲をいえば、6.5あたりの長さのロッドで、もう少しロッドのティップが柔らかくて、軽い物がいい。リールも軽くてロッドにつけた時にスプールと指が近くなる物がいいかな。今の組み合わせだと手が小さめなので、フェザリングがやりづらい。なので、次に買うロッドは上記を満たす物がいいかな。ロッドとリールは組み合わせてみないとわからないけど、シマノのGフリーボディだと近いのかな。

まぁ、先立つ物も限られているので妄想して楽しんでいる。年明けあたりには、ロッドとリールが買えればいいな。

年末に向けて、出張の研修もあって色々忙しそうだし、また友人から頼まれたフォルツァの異音もあるし、頑張っていかねば。

ダイワ クロノス パワーフィネス

f:id:mana99natuki:20171026195214j:image

最近は、雨続きだし台風も来ていたので、雨の前に釣りには行っていて新規の開拓をしていたが、台風なんかの為に釣りに行けない日々が続いている。

f:id:mana99natuki:20171026201815j:image

小貝川に雨の前に行っていたが、ここの川は面白くてスモールとラージの比率が個人的な感想になるけど、半々ぐらいな感じがする。利根川や鬼怒川なんかはスモールが多くて、霞水系だとラージが多い。小貝川は、同じ川の場所によって変わるとかあんまり無さそうで、後輩が釣ったスモールの近くで、自分がラージを釣るといった、ちょっと変わった場所な感じがする。そんなに通っている訳ではないけど、先日釣れた事を考えると珍しい事なんじゃないかな。

利根川や江戸川にもスモールの波が来ていて、一昔じゃ考えられないぐらいスモールが増えていると思う。

という所で、台風も来てたし釣りに行けないので、釣りの事を考えていくと自分の最近のフィールドは、利根川や小貝川である程度流れがあって利根川は比較的遠投も必要だし、ハリがあるロッドで遠投してかけた魚も確実にフッキングさせる事を考えてみた。

お小遣いで釣りをしているので、ハードルアーはロストが怖くて、正直あんまり使いたくない。半ばコレクション化している。

小貝川で、シーバスロッドにカルカッタDCの組み合わせでやってみたけど、体力面で辛いし、やっぱり長さが長すぎてキャストがしづらかった。後ろとか草とかあるし。

となると、ソフトベイトである程度遠投出来て、張りのあるロッドで軽い物を投げれるタックルが欲しくなってしまった。

ちょうど、激安で売ってもらったダイワのフリームスが手に入った事もあって、スピニングタックルのパワーフィネスを始めてみようと思う。

リールはフリームスなんだけど、こいつが結構重い。あんまり調べずに買ったんだけど、調べてみると270gほどあってズッシリしている。巻き心地とかは、ベアリングを交換しているので、かなり軽いけど、パワーフィネスでのシェイクにはキツそうだ。

まぁ、こいつに高比重PEのオードラゴン 1.5号を巻いてみる。高比重PEだと飛距離は犠牲になるのか知りたかったし、前から興味があった。

また、ロッドは比較的安いダイワのクロノスにしてみた。

6101MHSという番手である。

前にも釣り具屋さんで見てみたが、ちょうど売り切れで、見る事が出来なかったが、小物を買いに行った時にあったので、買ってみた。

お店だとあんまり手荒く触れなかったが、家に帰って見てみると結構固め。まさに、MHといった所。ベイトロッドのMHで最近のロッドらしく張りもある。

グリップも短くて、取り回しは良さそうである。このまま使ってみてパワーフィネスが有効であれば、この上のブラックレーベルに変更したいと思う。でも、動画なんかでやっているパワーフィネスの様なシェイクは、タックルバランスが良くないと、かなり疲れそうだ。今のクロノスとフリームスの組み合わせだと手首がおかしくなってしまいそうである。

明日は、久々に晴れそうだし、水位も下がって来ているので、ちょっと午前中だけ行ってみようと思う。友人も行くので霞かな。

最近は、悪質なクレーマーに当たってしまい、精神的に病んでいるので釣りをして気分が楽になれればいいな。

 

ジリオンsvtw アルデバランBFS

先日、小貝川に行ったのだけど、案の定雨の影響でかなりの増水で釣りにならなかった。

f:id:mana99natuki:20170728215419j:image

スピニングを置いてきていたので、ジリオンカレイドのクオッドライトの組み合わせで、ベイトフィネス的な事を試してみた。

f:id:mana99natuki:20170728220259j:image

ラインは8ポンドのフロロを巻いてある。いつも、スピニングで投げているネコリグやスプリットショットなんかを投げてみるが、普通に投げれるし飛距離もそこそこ出ているようだ。

ピッチングも低弾道で気持ちよく決まる。

試しに、3gほどのスプーンを投げてみると普通に飛ぶ。しかもバックラッシュしない。

ベイトフィネスリールがいらないぐらいに気持ち良く使える。遠心ブレーキのリールだといちいちセッティングが面倒だが、適当に8ぐらいから5から3ぐらいでだいたいあってしまう。

 

釣り初心者の後輩もいて、試しに投げさせたら、強めにブレーキセットすればノーサミングでもバックラッシュしない。

よっぽど軽いリグじゃない限りキツイと思う事がないぐらい良く出来たリールだと思う。 

 

でも、ちゃんとしたベイトフィネスリールという物を以前何台か持っていたので、快適さを考えると。。となってしまい、また買ってしまった。 

f:id:mana99natuki:20170923205048j:image 

f:id:mana99natuki:20170923204948j:image

購入後、即使ってみてすぐに入魂。

先日のブログにもアップしていたと思うが、購入して次の日には使用して何本か取る事が出来た。

使ってみた感じは、軽い コンパクト 巻き心地がいい。キャストはピッチングが低弾道で決まる。といった所。強めにブレーキ設定して、付属のマグネットも追加しているので、ロッドがあっていれば、快適である。フルキャストしてもあんまりバックラッシュしないし、距離も結構出ている。

逆に気に入らない点は、巻き始めが異様に重い。XGなので、重いと思っていたが重すぎる。他のアブの同じギア比の物と比べても異様に重たい。使っていても、あんまり変化が無くて少しオイルを垂らしたが、そこまでの変化は無かった。使っているうちに、もう少し軽くなる事があればいいが、軽くならなければ、ちょっと分解してみようと思う。あと、ドラグのスタードラグがベイトフィネスモデルなので、指で弾き易い形状になっているが、自分にはあんまり合わなかった。スタードラグの突起が6本で指が入りにくい。ちょっとこれは、社外の物に変更するかもしれない。

f:id:mana99natuki:20171003001003j:image

確認しなくて通販でそのままポチってしまったが、あんまり「物凄くおススメ!」って感じはしないかな。キャスティングとかは問題ないんだけど。

あとは、ドラグかな。結構締め込んでいるつもりだけと、50センチぐらいのナマズや47センチのバスも釣れたけど、結構ドラグが出ていった。もう少し軽く締めてドラグがキッチリ効く感じがいいかな。

1番バーサタイルで軽量でトータルバランスが優れているのは、スティーズSVTWかなと思う。軽いし、飛距離も十分だし、軽いのもいけるし。トータルの平均点が高い。自分みたいな陸釣りメインな人は、スティーズSVTWにMからMHあたりのロッドが最強なのかも。

スティーズまでの金額を考えるとジリオンやタトゥーラなんかは、コストとバランスが取れてていいと思う。おススメ出来ると思う。ジリオンは、使っているうちに巻き心地がかなり良くなってアンタレスみたいな正確なギアのあたりを感じられる様な巻き心地ではないけど、軽くて滑らかな巻き心地になっていたので、自分の中でのおススメは、ジリオンかなと思う。超バーサタイルなリールで買って損はないと思うので、おススメです。

 

利根川 スモール

f:id:mana99natuki:20171002232017j:image

前々から、うちの近所を流れている利根川には、スモールが結構上がってきているとは予想していたけど、やっぱりいました。場所は、公表しないけどビッグリバーなので、場所を探すのが難しい。

まずは、修理で預かっているゴリラで近所を散策してみて、テトラや深くなっていそうな感じの所を探してみた。

タックルは、アブのホーネットスティンガープラスの4ピースのパックロッドにジリオンの組み合わせ。バイクで釣りに行くには、コンパクトになるので凄くいい。

色々回ってみて、いい場所を探せたので、若干藪漕ぎしながら入ってみると、テトラの所は意外と浅く、その奥の堰の様になっている所の付近がゴロタ石が入っており、流れの変化もありいい場所だった。

エサ釣りの方が、一級ポイントには入っていたので、その上流のゴロタの所をシャッドを流してみる。

一級ポイントの方は、堰になっており堰の下から下流は深くなっておりかなり期待出来そうだった。まぁエサ釣りの方が帰ってから打たせてもらう様にして、ゴロタの所や流れの変化を打っていく。

すると、早速横からひったくられたあたりがあったのだけど、フッキング出来なかった。なんとなく小さそうだった。

ひと通りシャッドで打ってみたが、そのあたり以降あたりが無かったので、ウイニングクローの直リグにしてゴロタとその奥の少しのブレイクを打っていく。

ブレイク抜けたあたりで、少しのあたりがあった。少し送ってみると離した様だったので、少しシェイクして誘ってみるとグッと持っていった。結構沖だったので、思い切りフッキングして完全にフッキングが決まっていたので、流れも少しあったが、余裕でランディング出来ると思っていたが、手元で痛恨のラインブレイク。。ルアーの根元で切れていたのでラインにキズが入っていたのだろう。自分のミスだった。バスの口にルアーが残ってしまったのが、申し訳ない。サイズは、40ないぐらいで色が白かったので、回遊していたスモールと思われる。利根川の初スモールだったので、かなり悔やまれるし、バスに申し訳ない気持ちになってしまった。

その後、一級ポイントが空いたので入らせてもらったが、地合というか釣りを続ける気持ちになれなかったので、短時間ではあるが、帰る事にした。

鬼怒川もそうだけど、魚が入ってくる時間とかタイミングが川の釣りは難しい。

コンスタントに数を釣るとかデカい魚を取るには、もう少し場所や時間を通って探すしかない感じだ。難しそうだけど、近所だし少し通ってみようと思う。

明日も朝だけ行こうかと思ったが、夜になって雨が降ってしまったので、ちょっと明日はキツイかな。ウチの方だと、濁りや増水がかなり影響するので、釣りにならないかも。もう少し増水が落ち着いたら、何ヶ所か探せたポイントを巡ってみる予定。噂によると50アップも釣れているらしいので、楽しみである。

あと、1つ試したい事があって、リバースモールの場合、ウチの方だと川幅も広く流れも結構あったりする場合が多く、ロングロッドを使ってみたいと思う。遠投もそうだけど、ラインの使い方とか、フッキングとか魚がかかった時にテトラとか突っ込まれたりしてもロングロッドの方が有利かなと。

幸いシーバスもたまにやっているので、前に買った8.6ftのベイトロッドがあるので、試してみたいと思う。若干投げづらいとは思うけど、いつも使っている6ft真ん中あたりのロッドよりは、色々とやりやすそうな感じがする。ベイトフィネスも必要なさそうだし、MLロッドでジリオンなら比較的軽めのシャッドなんかは大丈夫だと思う。底物はやってみてだけど、次回にやってみる予定。

 

台風後

f:id:mana99natuki:20170923202136j:image

先日、関東にも台風がやってきたのだけども、釣りに行く予定を立てていたので、行ってみた。

前日には、友人がいつもの霞水系に行ったけど、なんとか1本とれたぐらいで、かなりキツかったようだ。

濁りと、場所によっては減水とか増水している所もあって、かなり辛かったとの事。

自分も、翌日だったので少し回復している事を祈りつつ、朝から北浦の石積みの流れがある水門に到着。

今回は、初心者の後輩も連れていったので、適当に準備してあげて、とりあえずスタート。

朝は、トップを投げたかったので、セールで半額だった、ジャッカルのカップラップを投げた。

f:id:mana99natuki:20170923202121j:image

かなり煩い系のトップだけど、動きは適当にやっていても、いい動きをしている。ひと通り投げてみたが、反応が無かったのと、流れ出しの所にはエビが多かったので、バークレーのシュリンプ系のルアーを投げてみる。リグは、ライトキャロにしてみる。こちらも、不発でまたルアー変更。

f:id:mana99natuki:20170923202449j:image

f:id:mana99natuki:20170923202522j:image

今度は、ベイトフィネスに変更してダイワのガストネードにしてみる。インレットから石積みの所とかやってみると、こちらも反応なし。

やはり、水が悪くて泡がかなり残っている。インレットの一部だけクリアで、その境目を、ブレーバーの5インチにしてかなり軽いネコリグにしてやってみると、なんとか1本取れた。結構足元で食っていたので、濁りとクリアの境目の足元の所でベイトを待ち伏せしているようだ。ただ、いるにはいるのだけども、かなり反応が悪いみたい。なので、足元とか石積みの所とかをワッキーに変えてみて、シェイクしながらしていると、何度か反応はあったが、フッキングまではいかなかった。今日はかなり辛い一日になりそうだと思った。

ひと通り後輩もやっていたが、反応が無くなったので、移動。

濁りが無さそうな牛堀とか行ってみたが、浅いバイトがあっただけで釣れなかった。

いつも行っている川に移動することにして、移動中に見つけた横利根も見ていると、かなり水の具合も良くて期待したが、やはりみんな期待出来そうな場所はみんな入っているので、人も多かった。

1日で自分以外で釣れいるのを見たのは、この横利根のみだった。

少しやってみたが、反応ないし車が置けるポイントも初場所という事もあり、また移動。いつもの川にやってきた。

だいたいいつもの場所に魚はいるだろうと思っていたが、濁りと減水が酷く、ベイトはいるけど、なんか生命感がない。

やっていても、ギルもいないし全く釣れる気がしない。この場所に通ってから初めて釣れなかった。

その後も色々移動して夕方まで、やってみたが、途中の北浦で後輩がバラしたのが1回だけで、結局は朝の1本だけだった。先週の爆裂がウソの様だった。

やはり、川や湖は水の状態にかなり影響されるみたいで、その変化に対応出来るスキルがないと全くダメなようだ。

こういう日もあるけど、色々考えて釣りをするのも楽しいけど、釣れないと精神的にもキツイ。

来週は、霞には行けそうもないが、再来週は行けると思うので、まずは情報収集とそれに対する準備をして臨みたいと思う。今年中には50アップを釣りたいと思う。