読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

operation skold

確定した過去を変えずに、結果を変えろ

fishup秋川湖

f:id:mana99natuki:20161202090000j:image

後輩が、とうとうタックルを揃えてみたので、管理釣り場にいってみた。

初めて行く場所で、最近オープンしたと言う、fishup秋川湖に行ってみた。

うちの方からだと、圏央道一本で高速降りてすぐになのが、とても嬉しい。子供の迎えの時間もあったので、多分片道1時間ぐらいで到着。東京サマーランドの中にあるポンドで、到着してみると何人か入っているようだ。施設はとても綺麗でファミリーや女性にもいい感じの場所だった。受付も綺麗でルアーや用品も売っているし、なにか忘れてもその場で購入出来る。

早速用意してポンドに入ってみると、大きさ的には十分で、子供の事を考えてか手前の方はかなり浅く、子供が誤って落ちても余裕で立てるぐらいで子供の事を考えている感じ。

当日は濁りが結構あって、魚は見た感じ見えなかったが、ライズは所々確認出来た。

釣りをしているとかなり当たりは多かったが、中々乗せる事が出来ずに途中まではなんとかいけたが、バラしがとても多かった。

今回は、トラウトロッドは渓流のベイトフィネスのショートロッドしかなかったので、遠投の効くスピニングはバス用のウルトラライトロッドのスピニングしかなかったので、それでいってみたが弾くようで中々乗らなかった。

後輩もビッグフィッシュ用のトラウトロッドだったので、自分と同様に弾く場面が多かった。

釣り初めて30分ぐらいで上の写真のブラウンが釣れた。46センチぐらいだったが、かなり太っていて重かった。

この魚以降は、当たりはあるが乗らないの繰り返しで、なんとか2匹ぐらいつれたが、ロッドのせいなのかわからないがとても難しい釣りだった。後輩もなんとか釣れていたが、非常にタフだった。

でも釣れている人はバンバン釣っていて色々考えさせられる釣りだった。

ロッドが硬いのか、寒さなのかフックがダメなのか色々考えさせる。秋は適当に釣っていても普通に釣れていたが、今回は底の方をスローに引いてくると当たりがあるという釣りがあっているようだった。中々奥が深い。

最後に入り口の方でいいサイズのレインボーが取れた。

f:id:mana99natuki:20161202092008j:image

スプーンのサイズを下げてみたら着水と同時に食ってきた。引きも中々の引きで楽しかった。やっぱりこの魚もブリブリに太っていて重かった。ここの魚は大きめサイズは太っているようだ。

ランディングネットが小さかったので大きな魚がかかると大変苦労するし魚にもダメージが大きいので、やっぱり管釣りでももう少し大きめなネットが必要そうだ。今度からは、シーバス用のネットを持っていってみる折りたたみだしちょうどいのかも。

前回と今回でも動画を撮っていたが、釣れていない時間の方がとてつもなく長いので編集してみようと思う。sjcamで撮ってみたが、結構綺麗に映っているし、バイクのサーキット動画の様にノイズも少なかったので、使い方的にはこういった使い方があっているのかも。近いうちにYouTubeにアップしてみようと思う。