読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

operation skold

確定した過去を変えずに、結果を変えろ

Zebco 33MICRO SPINCAST

f:id:mana99natuki:20160815231651j:image

たまたま、amazonで色々みてたら、スピンキャストリールが目について、値段も手頃な3000円ぐらいだったので、つい買ってしまった。

スピンキャストリールは、中学生時代に構造とかわからずに良く使っていた。当時のモデルは、アブだったか、ペンだったが忘れてしまったが、当時持っていたベイトに比べるとトラブルなく良く使っていた。

今回、買ってみたゼブコのリールは、外装がスチールっぽくてかっこいい。スピニングと同じく右でも左でも入れ替えられるし、外装とか含め昔の感じがとてもいい感じ。

以前買った鱒レンジャーΣに乗せてみたが、リールシートが、かなりギリギリで付かないかもと思ったが、なんとかギリギリつけられた。

バイトアラームという謎の機能がついてるが、ルアー釣りなら全くいらない機能である。オンにすると魚が掛かった時にリールのハンドルが逆転し、ラインがフリーになってロッドごと持って行かれる事を防いでくれる感じ。餌釣りの置き竿ならつかう機能なのかも。

早速、軽めのシンカーでキャストしてみると、飛距離は、管釣りなら許せる範囲で十分な感じ。鱒レンジャーΣのロッドがかなり柔らかいので、キャストに工夫をしないと、狙ったポイントに入らない。

構造上、パーミングどうこうという事は無いが、クラッチの重さももう少し軽くなればいいかな。ちょっと押しづらい。

それよりなにより気になったのが、巻く時の重さが重い。ベアリングは一個らしいが、ベアリングを増やしても重いままなんじゃないかってぐらい重い。

近々分解してみて、少しだけでもいいので軽くなれば、子供用の管釣りセットになるのに。

ラインは、付属のナイロンなのだが、PEとか巻いてみようと思う。PEによるリール内の削れも見ていきたいので、PEを巻いてみよう。

見た目の雰囲気は、かなりお気に入りなので、色々チューニングして楽しんでいきたいと思う。